スポンサードリンク

2021年07月03日

小池知事の狡さ!

 須田さんによると、

 6月21日、都民ファーストの幹部が、小池知事に会い、選挙協力を要請したが、小池知事は拒絶!

 6月22日、入院!退院まで面会謝絶!

 6月25日 公示

 6月30日 退院

 7月 1日 公務復帰、ただしテレワーク!(選挙応援はしないというメッセージでしょうね)


 小池知事は、なぜ自分が作った都民ファーストをうらぎったか?

 それは、小池知事とたびたび会っていた二階幹事長と密約があったということです。

 二階幹事長としては、選挙結果に責任ある立場で、負けるわけにはいかない。また、公明党の要請もあったという。


 そこで、小池知事の自民党への復党を条件に、都民ファーストを見捨てたということです。

 総理大臣を目指すために、小池知事としては、自民党にもどることが絶対条件なわけです。

 
 小池知事は、マスコミ出身のせいか、大衆受けする言葉・政策を、実現不可能でも発してきました。

 豊洲問題で思い出すのは、「安全だけど安心でない」!

 知事なら、「安全が確かめられていますから、安心して生活して下さい」ですよね!


 都の莫大な蓄えも、ほとんど使い尽くした都には、興味をなくしているのでは?

 小池知事の独断による豊洲問題の損失、訴えて欲しいものです。

 しかし、小池知事を支持する都民は多いですね!

 私のイメージでは、小池さんは、実力のある政治家ではなく、宣伝がうまい政治家にすぎないのですが!
posted by 井中蛙 at 08:10| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。